季節の変わり目とデカフェ

最近、晴れた日には「夏?」というくらい暑いですよね。

曇り空や雨が降り始めると、一気に寒くなる。

季節の変わり目には 体調管理が大切ですね。

ゴールデンウィークはもうすぐ!

5月のゴールデンウイークはもうすぐですが、
「春眠暁をおぼえず」状態でぼ~っとしてしまったり。
ちょっと気がゆるみがちで、ダラダラしがちになったり。

そんなときにシャキッとしたくて、コーヒーを何杯も飲んでしまう。

こんなとき、カフェインの過剰摂取が気になります。

コーヒーに置きかえて。

コーヒーを控えましょう ということではなく、

何杯分の1杯を「デカフェ」に置きかえてみるのはいかがでしょう?

例えば、午前中にコーヒー。

午後にはデカフェ。


これだけで、カフェインコントロールができますよ。

コーヒーは1日、3杯まで。


カフェイン摂取量を考えたら、コーヒーは1日3杯までをおすすめします。

3杯以上を摂取すると、頭痛やめまい、手足のふるえなど思いもよらない症状が表れてきます。

これが「カフェイン」の作用だとあまり皆さん、考えないかもしれないですね。

コーヒータイムが多い方はちょっとチェックしてみませんか。

コーヒーとデカフェの合わせ技で、季節の変わり目を健やかにお過ごしくださいね。

デカフェリアについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。